愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
病気になる原因
病気になる原因


1.元々持って生まれた体質

2.身体の外から入ってくる不要物(毒)による要因

3.身体の内にある精神的・心理的な要因



何の病気になりやすいかは、遺伝的な要因や生まれ持った体質、身体の外や中かにある要因の割合によって違ってきます。



病気とわかって先ずできることは、身体の外から入る不要物(毒)を避け、身体に溜まっている不要物(毒)を体外に出しきることです。



娘との闘病生活で気づいたことは、食べ物の大切さでした。



食品添加物や農薬など、身体に不要な毒のない食べ物を中心に正しい食生活に変え、良い食品やサプリメントの力を借りて身体にたまった毒を出していくことで、ゆっくりと確実に娘の病気は改善していきました。



それでもなかなか良くならない場合でも、あきらめずに精神的・心理的な要因にも着目してみてください。

現代社会では、外から受ける外的要因によって精神的・心理的にも不安定になりやすいのです。



緊張すると 喉が渇くように

腹を立てると 頭が熱くなるように

イライラすると 胃が痛むように 

気持ちが晴れると 身体が軽く感じるように・・・



身体は心の影響をずっと受け続けています。

目に見える要因だけにとらわれずに見えない心の部分に焦点をあわせる視点も重要です。



身体だけでなく、心の毒をも出し、物事の受け止め方や生き方なども見直すことが必要です。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2950-8686b94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック