愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【ふくらはぎマッサージ】
【ふくらはぎマッサージ】

血液が全身を円滑に循環できていることが、健康でいるためには重要です。

そこで、心臓から最も遠くに位置し第2の心臓と言われている、ふくらはぎの働きです。

それは、足の血液を押し上げ、心臓の働きをコントロールし、血液循環を正常に保つ働きがあります。

これは、直立二足歩行を始めた人類が重力に抵抗し、血液循環を成立させるために手に入れたのが、ふくらはぎの働きなのです。

重力に逆らい、力強く上に押し上げる、静脈へのポンプ作用として働いています。

重要な働きをしているがゆえに、ふくらはぎの筋肉はたいへん疲れやすいのです。

疲労した状態では、足(下半身)に血液が停滞してしまい、心臓に大きな負担をかけてしまいます。

そうならないように、ふくらがぎに疲れを感じ、硬くなっていたらマッサージをしてください。

そのポイントは
1.ふくらはぎを内側、真ん中、外側の3つの部位に分けて刺激する

2.痛いけれども気持ちがいい程度の刺激を目安とする

3.息を吐きながらふくらはぎを押し、息を吸いながら指の力を抜く

お風呂上り、寝る前などがおすすめで。

自分で行う場合は、座って押す側の足の膝を曲げて行う。
一番いいのは、うつ伏せになって誰かに押してもらうことです。

娘の場合は筋力が弱まる病気だったので、毎日寝る前に15分程度マッサージをしてあげてました。

当時、寝つきが悪かったのですが、気持ち良くて副交感神経優位になるのか、うまく寝てくれました。

寝る前に誰かにしてもらうと、自律神経の働きも正常化できると思います。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2955-e50c80d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック