愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
人はなぜ「宗教」を求めるのでしょう
人はなぜ「宗教」を求めるのでしょう

それは自分を信じられず、自分を助け導くモノに依存したいからです。
病気になれば大半の人々は、神や仏を頼って『助けて下さい』と祈ります。
しかし、どんなに祈っても神は助けず、結果は変わりません。

神は、自分で生きようと努力し、
自分の力を信じて行動する人に対して、密かに援助するのです。

人間には、神と同じような能力が備わっています。
人間に、それを自覚する力がないだけです。
出来る所まで努力する。後は、天命を待つ心境になれば、結果がどうであれ、
その結果に対して最高の状態を与えられたと感謝できるのです。

これがポジティブに生きるということです。

これからの生き方は、自分の人生を、今回の一回限りの人生と考えずに、
永遠の時間の中の「今」と考えて生きることが大切です。
過去や未来に生きるのではなく、「今」を生ききるのです。

困ったことが起きると、日頃は信じていないのに、神仏に頼って行動する、
すなわち自助努力を放棄する生き方は、感心しません。
せっかくの今回の人生を、途中放棄したことになります。

宇宙を統一している叡智、神を信じることと、何らかの宗教に入団して教祖の言を信じることとは全く異なります。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2958-b83a2ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック