愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛みは脳内で作られる。
痛みは脳内で作られる。その強さを左右するものは感情であり、コントロールすることができる。(米研究)

例えば、誤って自分の指をハンマーで叩いてしまったとしよう。

「激痛が走る」。

とはまさにこんな状況の時をさす言葉だが、まるで痛みが体の中を駆け巡っているように感じたことはないだろうか?
だが、この痛みは、本当は全て脳内での出来事なのである。

 「痛みの認識は、年中無休で感覚神経からもたらされる情報を選別している”脳内回路”によって形作られたものである」。

そう説明するのは、米ジョンズ・ホプキンス大学の脳科学者であるデビッド・リンデン教授だ。

 同教授によれば、「こりゃあ面白い。今入ってきたこの痛み情報のボリュームを上げよう」、あるいは「おっと、ボリュームを下げて、あまり注意が向かないようにしよう」…と痛みを調節することが可能となるらしい。

確かに人によって痛みの感じ方は違う。

同じような怪我をしても、すごく痛いと感じる人もいれば、蚊に刺された程度と感じる人もいる。

つまりは痛みはコントロール可能であるということだ。

 脳に備わった痛みをコントロールする能力は、イラク従軍中での武勇を讃え銀星章を贈られたドウェイン・ターナーをはじめとする人々の経験を説明してくれる。

 2003年、ターナーの部隊が補給物資を積み降ろす最中、敵から襲撃を受けた。

このとき彼はグレネードによって負傷してしまう。

爆発した金属片が足に突き刺さるほどの大怪我だったが、なんと彼はそれに気付きもせず、仲間に応急処置を施し、安全な場所まで連れて行った。

また、この作業中2回も撃たれ、1発は腕の骨を打ち砕いていた。

それでも、この時痛みはほとんど感じなかったと、後にターナーは述懐している。

リンデン教授によれば、無我夢中の兵士は痛みを感じないそうだ。

しかし、窮地を脱した後で、例えば注射などのちょっとしたことで、大きな痛みを感じる場合があるという。

 また、脳は痛みの体験に伴う感情も決めている。

これは脳が2つの異なる系を用いて、神経末端からもたらされる痛覚情報を処理しているから可能になることだ。

1つは、痛みの位置、強さ、そして性質(刺された痛み、火傷の痛みなど)である。

そして、これは「ああ、やばいぞ!」といった痛みの感情的な側面とは全く別の系であるらしい。

 落ち着きや安心感、他人との繋がりといった前向きな感情は、痛みを最小化し得る。

反対に否定的な感情なら逆の効果がある。拷問は大昔からまさにこの側面を利用してきた。

苦痛をさらに味あわせるなら、屈辱を与えたり、痛みを加えるタイミングを予測できないようにして、痛みの感情的な側面を強化すればいいのだ。

2001年のアメリカ同時多発テロの際、CIAの尋問官もこのテクニックを使ったとされている。

 脳が痛みの認識を調整する正確な仕組みは、まだ完全には理解されていない。

しかし、米ブラウン大学の研究チームはその手がかりを手に入れた。

同チームは手の感覚に対応する低周脳波を研究していたが、これによって脳が手から送られてくる感覚情報を遮断すると、そのリズムが増すことが判明したのだ。

 彼らは、その答えは気をそらすものを無視させている前頭野にあるとにらんだ。

そこで脳波をモニターした被験者に手または足だけに意識を集中するよう指示し、その間指やつま先を軽く叩いてみることにした。

 被験者が足に意識を向けているとき、脳の手の感覚に対応する領域において低周波リズムが増加した。

これは被験者が自分の脳に手からの感覚入力を無視するよう命令していたからである。

つまり、予測通り、情報を遮断していたのはこの低周波リズムだったのだ。

 しかし、同時に別の領域、すなわち気をそらすものを無視する部分でも低周波リズムが増加することが判明した。

この2つの領域は同期し、脳の実行管理領域である前頭野と環境からの情報を選別する脳の感覚部位との間で協調しあっている。

 この事実は、少なくとも一部の人間は瞑想などを行ない、慢性的な痛みを取り除く方法を脳に伝えることが可能であると示唆している。

2011年に発表された研究もこの見解を支持しており、8週間に渡る瞑想の訓練を受けることで、痛みを阻害する脳のリズムを大幅にコントロールできるようになることを証明した。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2972-8c1aa495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。