愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
風邪と診断されて、処方されそうになったら、
人間の体は60兆個の細胞と100兆個の細菌の超有機体なんです。
消毒、殺菌、清潔が病からの回復を遅らせてしまうのですね。

救急医の米田先生からアドバイスです。

風邪薬は不要です。

咳:気管支のウイルスや細菌を外に排泄する大切な反応。

痰:気管支壁のウイルスや細菌を体外に排泄する大切な反応。

鼻水:鼻咽腔のウイルスや細菌を体外に排泄する大切な反応。

発熱:自己免疫力をアップさせて、体内のウイルスや細菌を駆逐する大切な反応

したがって、
咳止め、痰止め、鼻水止め、解熱剤は風邪を長引かせます。

しかも解熱鎮痛剤での死亡例もあります。

風邪と診断されて、処方されそうになったら、

「薬は不要です、自分で治します」と言うのが良いでしょうね(^^)


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2975-31733e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック