愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限界を超えるとストップがかかるということ。
出来事を読み解く際、ぜひ知っておいてほしいのは、
限界を超えるとストップがかかるということ。
   
頑張り屋や、背負いすぎる者は 自分が苦しくなっているのに、なかなか自分の背負っている荷を降ろすことができない。魂が悲鳴をあげて潰れそうになっているのに、その声を無視して背負い続ける…。魂が潰れそうになった時、何段階かに分けてお知らせがくるようになっておるのじゃよ。つまりストップがかかるわけじゃ。
   
   
▼.ストップのかけ方
  
■第一段階 優しい言葉で
  
まず最初は、やさしい言葉をかけてくれる使者が現れる。
「大丈夫?」「疲れてるんじゃない?」「無理しなくていいよ」

しかし頑張り屋はこれくらいのセリフでは、
お知らせであることに全く気づかない。
  
「私は大丈夫だから…」とか言いながら、頑張り続ける。
すると第二段階のお知らせがやってくる。
 
  
■第二段階 今背負ってる荷に負荷がかかる
   
負荷とはマイナスの荷物のこと。 
やさしい言葉では、自分の荷を降ろすことができないので、
今背負っている荷を重くすることで、本人が手放すように仕向ける。
    
具体的には、家族(特に子供)が病気になったり、
仕事でトラブルが起きたりする。
(なんからの形で今やっていることを中断させられるような出来事が起きる)
      
しかし頑張り屋はこれもなんとか乗り越えようとする
(試練だと思ってプラスに考えたりして)
 
   
■第三段階 今背負ってる荷にさらに負荷がかかる
     
気付かずまだ頑張り続けていると、
自分の荷にさらに負荷がかかる出来事が起こる。
    
「これならどうじゃ?」「これなら手放すじゃろう?」と、
背負っている荷がどんどん重くなっていく。
       
具体的には、自分に精神的ダメージを与えるような人物が現れたり、家族が崩壊の危機に陥ったりと、人生の中でも危機的状況が起こる。
   
本人にとって自分の生き方を見つめ直し、自分の心の声を聴いてあげる絶好の機会なのじゃが、ほとんどの者が なぜ自分にこんなことが起こるのか分からず、嘆き悲しんだり、相手に対して猛烈に怒りの感情がわく。
   
  
■第四段階 自分が動けない状況に追い込まれる
      
自分自身が大病にかかり、
もうこれ以上どう頑張っても続けられないという状況が起きる。
    
自分の心は「苦しい」と言っていないか?
自分の体は「苦しい」と言っていないか?
    
自分が満たされて はじめて人と分かち合うことができる。
自分が満たされていないのに、人にばかり愛を放っていると、
エネルギーが枯渇して、そのうち続かなくなる。
    
そんな苦しい道を歩むより、まず自分のために愛を注いであげること。
自分が満たされれば、自然とあふれた愛を分かち合いたくなってくる。
これが一番自然で無理がない。
    
自分も相手も潤う答えが存在する。
自分も相手も楽に生きられ、尚且つうまくいく知恵が存在する。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2977-7c983581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。