愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
末期のガンで、ビワの種を食べ完治した!
世界の長寿国に代表されるソ連のコーカサス地方、パキスタンすのフンザや、南米エクアドルのビルカバンバは世界三大長寿国と言われてる。

そう言われる地方にゃ、いくつかの共通する点がある

①自然が多く残っている。
②自然の食べ物をとっている。
③自然の中でゆったりと過ごしている。

自然の中で、自然の恩恵を自然に受け入れた生活...

都会に住んでちゃ、
そーゆー意識さえ想像することもできなくなっちまってる。

大地にあるものをいただいてきた人間が、現代になって想像さえつかないこと...
『生で食べれるのですか?』
『皮も食べれるのですか?』

コーカサスぢゃ、ペトルーシカ!
ペトルーシカ=野菜
ビルカバンバではイモ!
そして「長寿」「ガンの無い国」として必ず登場するフンザで常食するのがアンズ!

アンズの種の油など、
これらの食べ物にゃ、アミグダリンを大量に含み、摂取量は欧米文明国の食事の平均量の約200倍とも言われてる。

そーすっと、
アミグダリ〜ン
アミグダリ〜ン
言うて、売る側は煽り立て、買う側は、成分だけが癌撃退のスーパーヒーローのよーに意識が集中!

そーなると日本ぢゃ、
ビワがアミグダリンを含んでる。

末期のガンで、ビワの種を食べ完治した!
っつう話も良く聞く。

1830年、ドイツのリービッヒ博士がアミグダリンを発見してから本格的なビワの研究が始まり、ビワの成分であるアミグダリンに制ガン作用があることが有名になった。

ガン細胞はマイナスの電気を帯びたタンパク質の膜におおわれていて、同じマイナスの電気を帯びた白血球からも保護されている。

ガン細胞に含まれる酵素(ベータグルコシダーゼ)はアミグダリン(ビタミンB17)を青酸とベンツアルデヒドに分解するが、ガン細胞は青酸とベンツアルデヒドの相乗毒性によって攻撃を受け死滅しちまう...

ガン細胞がまるで殺虫剤でもかけられた虫のよーに死ぬのが、顕微鏡にて観察されている...

体内にある保護酵素(ローダネーゼ)が青酸とベンツアルデヒドを無害な物質に中和し、この中和にモルヒネ様の鎮痛効果があるといわれている。

ビタミンB17の一成分であるベンツアルデヒドは、健康な細胞に接触すると酸化され無害な安息香酸に変わる。

ビワの科学的な研究は1830年頃から行われてきました。さらに最近の研究ではアミグダリン以外にも抗がん物質が見つかっていて、研究はさらにすすんでいる。

つまり、アミグダリン以外にも、そんな成分は沢山あり、日本にゃ四季折々にそんなものはある。

インターネットで、
せっせと取り寄せて、
それで、癌を治そーっつう意識そのものが習慣病だな...

物質と物質の差し引きだけ考えてちゃ、そりゃよくねーだろよ。
意識がそれを薬のよーに捉えちまったら、それは薬。
効くか効かないかは、意識の持ち方によっていくらか変わるんぢゃねーのかな...

①自然が多く残っている。
②自然の食べ物をとっている。
③自然の中でゆったりと過ごしている。

つっても、①②③をマネろってわけではなく、他にも色々あるわけさ。

まずは、
②を買って食べりゃ済むってもんでもなく、今住んでるところが、どんなところであれ、大自然だっつーことに気づくことだな。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/2987-be43b3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。