愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
アレルギー、実は免疫力が低下することで発症す。
アレルギー

花粉症にせよ、金属アレルギーにせよ、食物アレルギーにせよ、アレルギーとは免疫が過剰に反応することによって起こる病態とされています。

ですからアレルギーの治療とは、過剰反応している免疫を抑制することを行います。

例えば抗ヒスタミン剤とは、免疫反応によって放出されたヒスタミンの受容体をブロックすることで、症状の発現を抑える薬です。

また、ステロイド剤とは、副腎皮質から分泌されるコルチゾールの免疫抑制効果を利用し、外用または内服でコルチゾールを投与することによって免疫反応を抑制します。

また、膠原病や潰瘍性大腸炎、クローン病、多発性硬化症などの自己免疫性疾患もまた、アレルギー疾患と同様、免疫機構の異常反応が原因となって発症するとされています。

アレルギー疾患や自己免疫性疾患は、基本的に一度発症すると完治しないと言われています。

僕は潰瘍性大腸炎という自己免疫性疾患と、花粉症というアレルギー疾患の両方に罹患していましたが、どちらも現在症状はありません。

治らないはずの病気がなぜ治ったのでしょう?

ちなみにどちらも西洋医学的治療を受けている時は、良くなるどころか悪くなる一方でした。

これは僕の推論ではありますが、進化生物学的に考えると、アレルギーや自己免疫性疾患というのは、免疫が異常に亢進するから発症するのではなく、実は免疫力が低下することで発症するのではないか、と考えられます。

人間は常日頃から様々な細菌やウイルス、毒素、抗原などにさらされています。

それでも多くの人は何ら問題無く日常生活を送っています。

免疫機構は実に様々な働きをして、人体を守っています。

しかし何らかの原因で免疫機能が上手く対応できなくなると、様々な疾患が起こってきます。

それでも何とか生体は自分の体を守ろうと対応しようとします。

これがアレルギーや自己免疫性疾患の発症機序だと考えられます。

もしそうであるならば、アレルギーや自己免疫性疾患になったらまずやるべきことは、低下している免疫力を回復させることであるべきです。

ところが、西洋医学で行っていることは、免疫を抑制してとりあえず症状を抑えているだけに過ぎません。

元々低下している免疫力をさらに低下させるわけですから、決して良くなるはずがありません。

免疫力を低下させる要因は加齢、疲労、ストレス、環境などなど様々ですが、大きな要因の一つがやはり食生活の問題でしょう。

免疫力を低下させる食生活の要因には、大きく分けて二つあります。

それは、免疫力を低下させる毒物の摂取と、免疫力が正常に働けないような栄養欠乏です。

免疫力を低下させる毒物といえば、何といっても砂糖などの甘い糖類です。

砂糖は免疫を司る白血球の働きを、およそ50%も低下させるという論文があります。

また、糖を代謝する時にビタミンB群などのビタミンや、亜鉛、クロムといったミネラルを消費し、これが栄養欠乏の原因ともなります。

そして栄養欠乏の最も多い原因が、いわゆるヘルシーな食事、すなわち肉などの動物性食品を避け、野菜や穀物などの植物性食品中心の食生活です。

このような食生活をしている人は、タンパク質が不足するのみならず、様々なビタミンやミネラルの欠乏を引き起こします。

栄養状態が悪くなると、免疫機構も正常に働くことができなくなります。

では僕が潰瘍性大腸炎と花粉症を治した方法はといえば、免疫力を低下させる毒物である砂糖などの甘い糖類を一切摂らないようにし、かつ肉や魚介類、卵、チーズなどの栄養豊富な食べ物を積極的に摂取したことです。

断糖肉食な食生活によって、身体に活力がみなぎり、体調が良くなって、気が付けば体の不調は無くなって病気も治っていました。

人間の身体には、自然治癒力というものが備わっています。

食べ物を正し、自然治癒力がきちんと働けるようになれば、身体はちゃんと良くなってくれます。

逆にいえば、症状は身体が発しているSOSのサインなのです。

そのサインを無視するようなことをするから、後々もっと大変なことになるのです。

アレルギーが何を気付かせようとしているのか、その体の声に耳を傾けてあげてください。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3020-00ecb955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック