愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2300年前の中国の哲学者老子は語りました。
2300年前の中国の哲学者老子は語りました。


ある男が自分の影を煩わしく思い、
また自分の足跡にも我慢できませんでした。
彼はその二つから走って逃れようと努力しました。
しかし、何処に走って逃げようとも影と足跡は彼を追い掛けてきたのです。
彼は自分の走る速度が遅いのだと思い、速度を上げました。
止まることなく走り続け、ついには力尽き、その場に倒れて死んでしまいました。


老子はいいました。
「彼は知っていたのだろうか。
ただ日陰に入れば影は無くなり、
ただじっと座るだけで足跡が残らなかったことを。」と・・・


現代人は影から逃げる男となんら違いはありません。
苦しみから逃げるためにあらゆることをし、それが幸せに繋がると考えています。しかし、苦しみは止まることなく追い掛けてきます。

知っていますか。苦しみは日陰に入り、心を穏やかにするだけで全て消えてしまうのです。

最後に、
幸せな者とそうでない者の違いは、富と名声ではありません。
どれだけ穏やかに過ごすことが出来るのか、ただそれだけです。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3026-0f52be9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。