愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【癌と酸化2】
【癌と酸化2】

「酸化とは何でしょうか?」

糖質の害(精白してない玄米なども含む)が、放射能汚染以上に子供たちを蝕んでいます。

糖→乳酸の蓄積で、ガン・慢性病に。放射性物質による内部被曝も、乳酸の蓄積も、どちらも人体を酸化させます。

酸化とは電子を失うこと、奪われることです。

被曝による電離も、乳酸による電離も、同じくらいに病気の原因になります。

しかし過剰な乳酸の蓄積の恐ろしさは、ほとんど誰も理解していません。

「乳酸 とは何でしょうか?」

●宗田哲男医師のご意見

乳酸の発生は「糖質の代謝」時です。

さらにいうと「脂質の代謝」時には乳酸は発生しません。

人間のエネルギー源は主として糖質と脂質であり、通常の活動のエネルギー源は糖質ではなく脂質の方です。

普段のエネルギー源を「糖質」に依存している人(=炭水化物や甘いもの好きの糖質過多な人)は、代謝物として多くの乳酸を発生させていることになります。

この大量の乳酸の処理に追われていることこそが疲労を招いているのです。

あくまで乳酸の蓄積は結果であり、原因ではないのです。

ここに誤解が生じてしまったため、乳酸=疲労物質という図式が出来上がってしまったのでしょう。

乳酸はエネルギー源として利用できます。

乳酸をうまく処理できる人はエネルギー源として利用できますが、うまく処理できない人は疲労になります。

乳酸をうまく処理できないというのは、エネルギーを産生するのに不可欠なビタミンB群が欠乏していることもいえますし、何より乳酸が大量にあるため処理できずに蓄積していくことなのです。

大量の乳酸ができるということは「大量の糖を摂取している」ということです。

普段の食生活において糖質過多になると、本来は通常の活動のエネルギー源は脂質であるにもかかわらず、糖質に依存しなければならなくなり、大量の乳酸を発生させます。

大量の乳酸を処理できないことが疲労を招いてしまっているのです。

もちろん他にも疲労の原因は多々あります。

(中略)

現代では、エネルギー源に糖質が占める割合の高い人が増えています。

糖質代謝時に多くのビタミンB群が消費されますので、乳酸を代謝するビタミンB群が既に不足しているわけです。

糖質代謝により大量の乳酸が発生し、ビタミンB群が不足している中で乳酸の処理に追われ、体に疲労を長く感じることがあるのです。

普段の中で、糖質をできる限り抑えた食生活こそ、疲れを遠ざける対策の一つかもしれません。

「酸化の原因」

酸化で検索すると、抗酸化サプリや健康器具類がヒットします。

これらは私の専門ではないので、詳しい人にお任せします。

大事なことは、なぜ酸化が起きるか。

紫外線 ストレスが原因というのがおおむねの意見です。

ストレスなくせと言われても、なかなか難しいですね。

江部康二医師によれば「『高血糖→糖化蛋白生成亢進→糖化蛋白が種々の酵素と反応して活性酸素生成。』高血糖は、糖化蛋白(**)の生成を亢進させます。

糖化蛋白は、様々な酵素と反応して、活性酸素を生成します。

活性酸素は生体の酸化反応の大本です。

酸化ストレスが、動脈硬化・老化・癌・アルツハイマー・パーキンソン等、様々な疾病の元凶とされています。

酸化も乳酸も、糖が一番の原因だと分かりました。」

(引用ここまで)

つまり糖質制限 肉食にしろということです。玄米菜食 断食・少食 生玄米粉 果実食などでは駄目です。

ストレスの少ない人は、糖質制限無しでも健康でいられるかも知れません。

私はかなりストレスのない、毎日楽しく大笑いしながら、極楽とんぼのような人生を送っていますが、それでも糖質制限無しでは健康維持は無理です。(拾ったブロブより)





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3030-49971ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック