愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
思考と病気の関係
思考と病気の関係

以下にあげることはある意味において完全にオカルトですが、その目線で観察してみると当てはまることが多いです。

それは食や温熱療法や栄養療法とは別に、病気を治す方法論に結びついていきます。

たとえば・・・

あなたが肝臓癌になったのは怒ってばかりいるからです。

もしくは肝臓に負担をかけるような食べ方や毒ばかり摂り込んでいるから、怒ってばかりになったのです。

あなたが胃癌になったのは何かを消化できていないからです。

消化は単に栄養だけではなく意味や関係や人間性や家族関係の消化も意味します。

消化できず甘いものを求めその場の満足だけを求める人が多いです。

あなたが大腸癌になったのは排泄ができていないからです。

この場合もいろんな意味で吐き出すことができていません。

罪悪感や悲しみをため込んでいるのもしばしばです。

あなたが乳癌になったのは自分の女性を否定したいからです。

ほかに前立腺がんや精巣がんは男性の否定かもしれません。子宮癌や卵巣癌も女性の否定に関係します。

あなたが肺癌になるのは呼吸がうまくできないからです。

それは腹式呼吸的な意味でもあり、社会で息を潜めているという意味でもあります。

息をしないほど早く人が死ぬことはなく、生きたくないという願望を深層心理でもっているときもあります。

あなたが心臓病にかかるのは悦楽ばかり求めるからです。

心臓にはあまり癌はなく心臓病は確かに生活習慣病の集大成です。

心臓は恋愛や緊張の体現でもあり、嫉妬ばかりしたり性的なことばかり考えている人も病気になりやすいです。

あなたが腎臓癌や腎不全になるのはやはり排泄ができないからです。

ただ便の排泄と水の排泄は意味が違います。

血の流れも悪くなりますが、小さいことに苦悩して恐怖しているからかもしれません。

あなたがアレルギーになるのは化学物質を恐れているからです。

その化学物質は確かに恐ろしいですが避けきることはできません。

またアトピーなどは自分への罪悪感と排泄の弱さが生み出します。

喘息とアトピーは肺と大腸であり経絡は同じです。

あなたが関節病になるのは動きたくないからです。

それは体を動かしたいのではなく心を動かしたくないからです。

足の関節病になるのは歩みたくないからであり、手の関節病になるのは持ちたくないからであり、腰の関節病になるのは真の意味で立ちたくないからです。

あなたが鼻炎になるのも吸いたくないからです。

外からの物質を出したいからでもありますが、中にあるものを出したいのです。

鼻は肺につながり肺は金属を意味し身を守ります。

体裁や常識に縛られていると鼻炎が出やすくなるかもしれません。

あなたが突発性難聴になるのもまた聞きたくないからです。

現代ではウイルス疾患などといわれていますがそうではなく、元がストレス理論だったのにも意味はあります。

不安により暗く黒くなり目ではなく耳をふさぐのです。

その他いろいろなことに応用できますがよく当たります。

そして当たると改善率が非常に高くなります。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3039-41f35238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック