愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【糖尿病からの合併症の治療に役立つ先進医療はありますか?】
【糖尿病からの合併症の治療に役立つ先進医療はありますか?】

先日、糖尿病をお持ちのお客様より先進医療のメリットについて質問されました。
このお客様は、
・男性
・現在79歳
・網膜剥離(10年前に手術)
・白内障(3年前手術)という状況です。

現在調べた今後受ける可能性のある先進医療は、
・粒子線治療(ガン)
・血管新生両方
・水晶体再建術 です。

これらの少ない情報から、
・今後発病する可能性の高い糖尿病による合併症を教えてください。

回答いたします。

糖尿病は慢性疾患です。
全身の血液(滞血)、血管(動脈硬化)で
毛細血管の集中している臓器がどこよりも詰まりだし臓器低下がおきます。

代表的な疾患は、腎機能不全(腎臓透析)、壊疽(下肢切断、)脳梗塞、心筋梗塞、痴呆症、身体環境が劣悪になれば、最悪、膠原病、癌、などの難病に至ります。

・日常生活でできる予防法

回答いたします。

病気の原因は心が80%、基質的なものが20%で、大半が心が支配している衣食住の日常生活の習慣が原因です。

1、
ストレス、カルマ、トラウマ、などは極力避けられるものは避け、解消できるものは(退行催眠療法、加持祈祷、先祖供養、呼吸法、マッサージ・オキシトシンを促す、バイオレゾナンス、 究極ザッパー、気功器、各種磁気療法)等で解決しておく必要があります。

2、
血液がサラサラになるもの、納豆、青魚(ドコサヘキサエン酸、エイコタペンタエン酸)、玉ねぎ、本味噌、

3、
腸内フローラ(細菌、善玉、悪玉、日和見菌、のバランスと量)を整えるもの、甘くないヨーグルト、食物繊維(くだもの)

4、
解毒、排毒(デトックス)肝機能をあげて解毒能力を促す。びわの種の粉、あんずの種の粉、(ビタミン17アミグダリン)

過去の病院治療やワクチン接種、食生活習慣で体内に取り込み蓄積している、有害重金属・抗がん剤・薬害成分・ウィルス・放射能は解毒・琲毒デトックスが必要です!

5、
乳酸菌(プロテサンs4兆個)、森川酵素、びわの種の粉、食物繊維(一般的に考えつくものでOK)この四種類のサプリで、ほとんどの病気は、身体を(免疫力)傷めることなく病状に応じて摂取する量を調節して対応すれば、すこぶる改善する力を持っています。

乳酸菌
(プレーンヨーグルト砂糖なし)
食物繊維
(大豆、果物、)
酵素
(納豆、味噌、醤油、発酵食品)
ビタミンB17
(びわの種の粉)アミグダリン
オメガ3
(ナッツ類)リンパ液の質の良い材料。

・発病する可能性のある合併症に用いることができる先進医療を教えてくださいますか?

慢性疾患に対しての医師の知識は、完治しない前提で治療しているため、今のところ先進医療にはなにも手だではなく、救急救命医療(とても必要)以外は対処療法です。
ありません。
日常生活でできる予防法が代替療法の最先端な考え方です。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3066-4d19db68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック