愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「小学生低学年」の内に。健康意識を広げよう!
健康な子供達は健康であることの、ありがたみを理解していない。

大人もしかり、
空気のように、当たり前にあっても病気にならなければ気づけない大切な健康。

小学生の頃から健康意識を身に付けさせておきましょう。

病気になってから対処するより、健康な時に健康を維持する事の方が、ずっと経済的で、健やかで充実した人生を全うする為の大切な健康意識です。

健康を維持するための正しい方法で、新たな生活習慣を植えつける事で変われるからです。



余計な薬を飲まなくてもいいし、

難病や癌を避ける事が出来るし、

老後の呆け、胃瘻、寝たきり、の余計な余生を送らなくてもすむからです。

大人は、
病気になると、医師に丸投げ依存してしまう。
その理由は、そもそも、その健康意識を初めから誰にも教わってないからです。

健康に余裕を持って人生を歩む。

「健康に余裕」があれば、社会人になり、ストレス、過労、暴飲暴食、があっても
病に至る前に未然に自力で防ぐ事が可能になるからです。

これこそ、賢い生き方ではないでしょうか?

そもそも、人間には、生体恒常性維持機能(免疫力、自然治癒力、自己修復能力)があります。

100人の名医よりも、頼りになる大切なちからです。

その力を、子供の頃からの健康意識で大切に、大事に、と思いこませ、守らせるのです。

現在の医学の救命救急医療はとても重要で必要です。

しかし、
ストレスや過労で、一旦、病気へのスパイラルに移行すれば、ほとんどが対処療法で、薬、手術、抗生物質、抗癌剤、検査による放射線被曝、等で、病気を完治させることは出来ず、本来の健康には、戻れなくなるのですから。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3074-6dd70908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。