愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【アトピー性皮膚炎にステロイド剤を使ってはいけない理由】
【アトピー性皮膚炎にステロイド剤を使ってはいけない理由】

ステロイド剤はその劇的な抗炎症作用から、奇跡の薬ともてはやされた時代があります。

重いやけどでもう命も危ないというケースでステロイド剤を使えば一瞬で危機を脱することができるからです。

炎症では活性酸素が暴れ回り、細胞を酸化破壊します。

ステロイドには活性酸素を無毒化し、ありとあらゆる細胞の酸化反応を一瞬のうちに食い止めます。

救危機的状況では、確かに有効な薬です。

それは、血液の流れを止めて(すなわち冷却するので)、細胞の反応を止めるからです。                         
 
しかし、慢性の疾患では事情が違います。

ステロイド剤は使い始めは、組織の炎症を取る善玉ですが、ある時期から組織を破壊する悪玉に変わっていくからです。

ステロイド剤の組成は、私たちの体の中にあるコレステロールと同じものです。

コレステロールは動脈硬化の元凶として忌み嫌われています。

それというのも、体内で増えすぎたコレステロールが血管の内側にへばり着き、たまっていくうちに酸化コレステロールに変化し、血管をボロボロに壊してしまうからです。

ただし、酸化する前のフレッシュなコレステロールは、動脈硬化の原因にはなりません。

正常なコレステロールは、ホルモンや細胞の膜を作る材料として、生体に欠かせない物質です。
 
ステロイドもコレステロールと同じしくみで悪玉に変わっていきます。

ステロイドは使い始めたばかりのころ、まだ体外に排泄されている時期では、患者さんは一様に、「アトピーがウソのようにきれいになった」と感じます。

ところが、「皮膚の調子がいいから」といってステロイドを使い続けると徐々に体に蓄積され、やがて酸化コレステロールに変化して周辺の組織を酸化し、破壊するのです。

酸化したステロイドは交感神経を刺激し、血流障害、顆粒球の増加を引き起こします。

大量の活性酸素が組織を破壊し、患者さんの体は冷え、炎症が悪化します。

ステロイド剤を使い続けた人の皮膚は、日焼けしたような茶褐色に変色し、無数のシワができます。

十代の若者でも老人の皮膚のように見えます。

これは、酸化コレステロールのしわざです。

「副交感神経の排泄反射」

アトピー性皮膚炎を例にとって説明しましょう。

自律神経免疫療法を行うと副交感神経の排泄反射が促され、患者さんの皮膚から、ステロイド剤によって冷却されて体内にためられていた酸化コレステロールがたくさん流れ出してきます。

これは腐ったにおいのする黄色い液体です。

腐敗臭の元は顆粒球の死骸に変性したコレステロールが混じっているからです。

たいへん苦しい時期があり、入院加療が必要な場合もあります。

ステロイドをいきなり抜くと、組織の酸化が急激に進むので、予期せぬ症状が出ることもあります。

ステロイドを切る際は、必ず医師の管理下で行わなくてはなりません。

体から酸化コレステロールが排泄される時期は、本当につらいのですが、それを過ぎ回復期に入ると、入院患者同士で冗談を言い合う余裕も生まれてきます。

その他の病気の場合も、痛み、熱、発赤などが出る場合もあります。

これらの状態は、薬を使っていた期間が長く量が多いほどひどくなります。

自己免疫疾患は現代病といわれるほど多く、その病気からの脱出に多くの時間と費用を投じています。

糖鎖栄養素を活用し、糖鎖正常化、自己免疫のバランスを正常化は健康を回復します。
(参考文献 日本自律神経免疫治療研究会より)





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3075-aa712913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック