愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【糖鎖栄養素の画期的働き「幹細胞を作り出す」】
【糖鎖栄養素の画期的働き「幹細胞を作り出す」】

画期的な出来事!糖質栄養素(不可欠な8つの糖質をバランスよく摂食)は幹細胞の生成を促す!

もしもあなた自身の体が全ての再生の可能性を持った幹細胞をほんのわずかのコストで作リ出すことができたとしたら…

米国マクダニエル博士と彼の研究チームはこれまでに20年間にわたって研究を続けて来ましたが、十分な糖鎖栄養素を摂ることによって自分自身の幹細胞の生成が可能であることを発表しました。

幹細胞は骨髄で作られ体内に送られ損傷を受けた細胞を修復します。

フィズシャーインスティチュートの医師たちは世界中から多数寄せられるアルツハイマーやパーキンソン、脳梗塞の患者たちが顕著な回復を示す事例に当惑させられていました。

糖尿病の患者たちではインシュリンの生成が始まり移植した患者の場合は、移植に対応する薬を必要としな< なったのです。

血液中の幹細胞の数を測定したところ糖鎖栄養素を摂る前はほとんど変化が有りませんでした。

糖鎖栄養素を摂り始めて1週間以内に1兆個以上の幹細胞が発見されたのです。

このことが時としてダウン症等の人たちに劇的な変化 が起こる理由なのです、幹細胞とは、体内であらゆる組胞の再生をする能カを待った細胞です。

幹細胞は神経細胞や肝臓細胞、脳細胞、指のつめ細胞、などになることが出来るのです。

2003年2月19日、アメリカ医師会(JAMA)の雑誌に注目に値する記事が掲載されました。

ジョンズ・ホプキンス大学医学部では、初めて、ドナー幹細胞が血液脳関門を通って移植者の神経細砲になったことを報告したのです。

このことは神経細胞が人体の中でもっとも高度に発達した細胞であることからとても重要な報告でした。

そして神経細胞は体内の全ての脳や筋肉の機能をコントロールしているのです。

この事実は人間の脳を修復して再生したリする可能性に関する革命的な発見なのです。

糖鎖栄養素に関する初期の研究によると食事に糖鎖栄養索を加えることによって骨髄での幹細胞の生成を増加させることが出来るのです。

JAMAの記事が掲載されるまでは、マクダニエル博士の研究チームは成人のアルツハイマーやパーキンソン、ハンチントン舞踏病や子供の脳性〈小児〉麻痺、大脳白質萎縮症、ダウン症、自閉症、胎児期アルコール症侯群などが糖鎖栄養素やそのほかの微量栄養素を与えることによって脳の機能の回復することがあることに関して、説明をすることが出来ませんでした。

また、脳梗塞や外傷性障害や神経変性障害の人たちが医師や科学者の判断では回復不能と言われていたにもかかわらず失われた中枢神経系の機能は、回復したり取リ戻したリすることに関する理解できる科学的な説明が出来ませんでした。

糖鎖栄養素が人間の骨髄幹細胞の生成を促すということを理解することによって、なぜこのような前代未聞の脳機能の回復が起きるのかを科学的に理解することが出来るのです。

幹細胞は人間の体が必要とする細胞に進化する能カを持っているのです。

重要な科学的な幹細胞から生成された脳の神経細胞は正しく機能するだろうか?

まだまだ不確実な段階とはいえ、昏睡状態から目覚めた事例は報告されています。

脳波検査の結果も糖鎖栄養素をとり始めて、脳のいろいろな不分で顕著な活動の増大が認められています。

体内における幹細胞の生成が促進されるという発見は糖鎖栄養素を摂リ始めて1週間以内に始まります。

このことがこれらすべての医学的な説明できなかった変化を説明できるのかもしれません。

微量栄養秦の健康回復に役立つ可能性については想像の域を超えています。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3077-2419f78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。