愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【病気と場所の関係】
【病気と場所の関係】

例えば、乳ガンが左にあるとします。

砂糖ものなど甘いものをたくさん食べていました、牛乳も飲んでいました、食事もコンビニの添加物の弁当をよく食べていましたとなれば、いつガンになってもおかしくありません。

45歳で乳ガンが見つかってしまいました、となるかもしれません。

そういう人を実際にいっぱい知っています。

しかも、乳ガンはすぐにリンパ節に転移しやすく進行も早いといわれます。

その後、抗がん剤やホルモン剤を投与してドツボにはまっていくのです。

それで悩んでいる人はたくさんいます。

そういうときに、対症療法を行なうのが悪いのですが、とりあえずここでは、その話は置いておきます。

量子医学は、なぜ乳ガンだけできるのかということを考えるのです。

牛乳も飲んで、砂糖ものや添加物も山ほど摂取していたら、胃ガンになってもおかしくありません。

子宮ガンになっても、大腸ガンになってもおかしくないと思いませんか。

しかし、そのガンにはなっていません。乳ガンにだけなっているのです。

科学的に未解明な部分がありますが、量子医学や波動医学、周波数医学では、それに対して因果関係を見出そうとするのです。

例えば、乳ガンができるということは女性の否定と考えます。

女性でいたくないという深層心理があるから、乳ガンができると考えます。

また自分に関係ある女性の影響をそのまま受けたと考えることもできます。

そして左に乳ガンができると仮定したときに、左側を否定したいのです。

簡単に言うと、左側の乳房をなくしたい、子宮ガンであれば子宮をなくしたいというものが心の奥底にあると考えるのです。

もし左側に乳ガンができたとしましょう。

脳はクロスしますので、左側に乳ガンができると右側の脳の影響を受けているのではないかと考えます。

右脳は、本能的なことや直観的なことや女性的なことや一体感を考える働きをします。

そして左の脳は、理論的なことや男性的なこと、科学的なことなどを考えます。

つまり、右は女性脳ですから、自分で女性性を否定しているときは、左側の乳ガンが一番できやすいという結論になります。

それでは、右側に乳ガンができたときはどうでしょう。

右側の乳ガンも同じように、女性を否定したいという願望があります。

そのときに左側の脳の影響を受けていることになります。

ですから、いつも科学的なことを考えていて、なおかつ女性的な自分を否定しているということが考えられます。

さらに言えば、男問題があって、いつも男性に依存しまくっているとか、父親にセクハラされたなど、そのような問題で女性を否定したいというときには、右側に乳ガンが現れると考えます。

これはオカルトのように聞こえるかもしれませんが、観察してみると非常にこの傾向が観察できます。

じつはこれは東洋医学やアユールヴェーダなどの考え方にも通じるのですが、それらの古典医学は膨大な統計学でもあり、このような傾向を考慮してきたというふうにもとらえられるのです。

他にもオカルトのように思えますがいろんな考え方が成立します。

たとえば・・・

あなたが肝臓癌になったのは怒ってばかりいるからです。

もしくは肝臓に負担をかけるような食べ方や毒ばかり摂り込んでいるから、怒ってばかりになったのです。

あなたが胃癌になったのは何かを消化できていないからです。

消化は単に栄養だけではなく意味や関係や人間性や家族関係の消化も意味します。

消化できず甘いものを求めその場の満足だけを求める人が多いです。

あなたが大腸癌になったのは排泄ができていないからです。

この場合もいろんな意味で吐き出すことができていません。

罪悪感や悲しみをため込んでいるのもしばしばです。

あなたが乳癌になったのは自分の女性を否定したいからです。

ほかに前立腺がんや精巣がんは男性の否定かもしれません。

子宮癌や卵巣癌も女性の否定に関係します。

あなたが肺癌になるのは呼吸がうまくできないからです。

それは腹式呼吸的な意味でもあり、社会で息を潜めているという意味でもあります。

息をしないほど早く人が死ぬことはなく、生きたくないという願望を深層心理でもっているときもあります。

あなたが心臓病にかかるのは悦楽ばかり求めるからです。

心臓にはあまり癌はなく心臓病は確かに生活習慣病の集大成です。

心臓は恋愛や緊張の体現でもあり、嫉妬ばかりしたり性的なことばかり考えている人も病気になりやすいです。

あなたが腎臓癌や腎不全になるのはやはり排泄ができないからです。

ただ便の排泄と水の排泄は意味が違います。

血の流れも悪くなりますが、小さいことに苦悩して恐怖しているからかもしれません。

あなたがアレルギーになるのは化学物質を恐れているからです。

その化学物質は確かに恐ろしいですが避けきることはできません。

またアトピーなどは自分への罪悪感と排泄の弱さが生み出します。

喘息とアトピーは肺と大腸であり経絡は同じです。

あなたが関節病になるのは動きたくないからです。

それは体を動かしたいのではなく心を動かしたくないからです。

足の関節病になるのは歩みたくないからであり、手の関節病になるのは持ちたくないからであり、腰の関節病になるのは真の意味で立ちたくないからです。

あなたが鼻炎になるのも吸いたくないからです。

外からの物質を出したいからでもありますが、中にあるものを出したいのです。

鼻は肺につながり肺は金属を意味し身を守ります。

体裁や常識に縛られていると鼻炎が出やすくなるかもしれません。

あなたが突発性難聴になるのもまた聞きたくないからです。

現代ではウイルス疾患などといわれていますがそうではなく、元がストレス理論だったのにも意味はあります。

不安により暗く黒くなり目ではなく耳をふさぐのです。

その他いろいろなことに応用できますがよく当たります。

そして当たると改善率が非常に高くなります。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3121-1ee4667c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。