愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【心と身体の関係】
【心と身体の関係】

悲しいと涙がでます。

感動すると鳥肌がたちます。

腹がたつと頭と顔が熱くなります。

怒ると怖い顔になります。

心の状態に身体は素直に反応しています。

心の状態を身体が自然に表現しています。

しかし人は、心の状態を隠して、違う表現を身体でしようとします。

例えば、本心を隠す為に怒ってるのに、笑おうとする。
悲しいのに、涙をこらえて、何ともないような顔をする
焦ってるのに、冷静なフリをする

こんな事は大人になれば誰でもあります。

身体にウソをつかせた分、どこかで思いっきり心のままを吐き出せてるうちは、まだバランスはとれます。

しかし、心と違う表現ばかりをし、吐き出す事もせずに、それが慢性化すると、心と身体がバラバラになってしまいます。
そして、本来の自分を見失ってしまいます。

すると、心は満たされず自律神経が乱れます。
身体は無理に違う表現をさせられているので、多大な負担がかかります。

心にとっても、身体にとっても同時に多大な負担になるのです。

これが続くと、当然、心か身体に不調が出ます。

心の不調は身体の不調、身体の不調は心の不調となります。

どちらが先に悲鳴をあげたかの違いだけです。

しかし、身体の不調は身体の病気と捉え、心の不調は心の病気と捉えているのが現代医学です。

感情でカラダは左右され、心が病めばカラダも病む。

身体「脊椎」は自動的に全身のバランスをとり結果個々の症状として病いを現す。

心、身体、脊椎骨格を別々に治療すれば完治はしない。







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3136-1e9acfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。