愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【同じ原因で違う病名】

【同じ原因で違う病名】

化学物質の排出が、どこで行われているかによって、炎症を起こす部位が変わってきます。

皮膚から出そうとすれば、アトピー性皮膚炎。

気管支で起こるとぜんそく。

関節で起こるとリウマチ。

これが腸で起こるとクローン病や潰瘍性大腸炎となります。

どこから出そうとするかは、年齢によっても変わり、その方の体質によっても変わります。

これらの症状は、正しい免疫の働きによって起こっています。

ですので、その症状を無理やり止めるステロイドは、病気を体内に閉じ込めてしまいます。

ステロイドを使用していた人が、ステロイドをやめると脱ステロイド症状が起こります。

それは、真っ赤に肌が腫れ上がり、毒を一気に出したら、その後に綺麗な肌に戻ります。

無理やり止めていたものを一気に止めるので、抑えられていた免疫力の反動で症状は一時期悪化するのです。

ホースで水を出し、指でホースを押さえて水を止める、そして指を離すと勢いよく水が飛び出しますよね。
それと同じイメージです。

それだけ、ステロイドは免疫力の足を引っ張っているというわけです。

話がそれましたが、それぞれの病気の原因は同じなので、治し方も同じはずです。

しかし、炎症を起こす部位が違い、それによって症状が違うので、病院では治療法が異なるのです。

病気を治したい方は化学物質を出来るだけ避け、体内のそれを出すための食事に変えることが必要です。

また、アレルギー性の病気の方や膠原病の方は、心の毒をため込みやすい方が多いです。

心に思いをため込んでしまうと、身体の毒も出にくくなります。

心と身体は繋がっていますから、心の解放もしてあげて下さいね。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3174-c8fa274b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。