愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【夏の血流障害】
【夏の血流障害】

夏は気温が高いため血管が拡張します。

その分、血流が遅くなり血栓ができやすくなります。

さらに汗をかくことで、体内は水分不足となり血液はドロドロになりがちです。

ですので、冬場の冷えによる血流障害と同じくらい夏も血流が悪くなりがちなのです。

人間の体は約60%は水でできています。

胎児は体重の約90%、赤ちゃんはは約75%

子供は約70%、成人では約60%、老人では50%といわれています。

男性よりも女性のほうが水分量の割合が低く年齢や性別によっても変わりますが1日に必要な水分量は成人だと約2000mlといわれています。

水は血液をサラサラにし、老廃物の蓄積を防いだり排出のお手伝いをしてくれます。

血圧や体温のコントロールや細胞の活性化など、健康でいる為には充分な水分が必要です。

ただし、一度に大量に飲むのではなく、身体に負担をかけないようにコップ1杯程度の量を、数回に分けて補給することが大切です。

「渇き」を感じる前に、水分を補給するように心がけたいですね。

汗を多くかいた後は、天然塩を一つまみ入れてミネラル補給も同時に行いましょう。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3183-d464069d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。