愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うつ病と腸内環境の関連性
うつ病と腸内環境の関連性 すごく興味深い

うつ病と腸って、関係あるの?うつ病になるから毎日下痢とかになるんでしょ?と思われた方は多いんじゃないでしょうか?一見関係無さそうな腸と脳の繋がりですが、実はアナタも身近で経験しているはずですよ!こんな経験はありませんか?

受験当日、テスト直前にお腹が痛くなってしまってトイレに駆け込んだ事。毎日快便だったのに、旅行先では何故か便秘になってしまった、など。心配事や環境が変わったストレスなど、実は「腸がココロの状態を如実に表していた」という経験は誰でもお持ちではないでしょうか?

実際に過敏性大腸症候群を患う人は、うつ病などの精神疾患を伴う事が多いと言われています。

腸は第二の脳:腸はココロを映す鏡

うつ病の原因としてセロトニン不足が挙げられますが、セロトニンが不足すると人はキレやすくなったり、落ち込みやすくなったり、やる気が出なくなったり、ぼーっとしやすくなってしまいます。

人が幸せを感じるのは、脳から分泌されるセロトニンやドーパミンが深く関与しています。セロトニンは歓喜や快楽、ドーパミンはやる気を感じさせる働きがあります。つまり、セロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患に陥りやすくなります。

セロトニンは動植物の中に存在する物質ですが、実は脳内に2%、腸内に90%という割合で体内に存在します。この、たった数パーセントのセロトニンが人の精神状態を大きく支配するのですが、腸内環境が正常でないと、このセロトニンが脳まで上手く運搬されず、セロトニン不足になってしまいます。

セロトニンなどを増やす方法を探る研究の中で、腸内細菌の重要性が分かってきました。

スウェーデンのカロリンカ研究所では、腸内細菌を持つマウスと持たないマウスの比較実験が行われました。結果、腸内細菌を持たないマウスは、攻撃的な性格や行動が顕著で、危険を伴う行動が多く確認されました。

腸内細菌が活発である健康な腸は、セロトニンなどの神経伝達物質を生成し脳に送り届けるため、精神状態も良くなりやすいという事が分かります。つまり、精神的な病=精神的な理由で病む、のではなく、腸内環境の悪化が引き金となりうつ病になる事がある、という事が分かっています。

体だけじゃなく、性格にまで腸内フローラの影響が!こちらの記事にも腸内環境と脳の結び付きについて触れていますが、腸と脳の結び付きは様々な研究で明らかになっています。

うつ病などの心の病の人の腸を調べた実験では、一様に腸内環境が悪かったという報告がされています。

ストレスで悪玉菌増加!

様々な研究で、ストレスが腸内環境を悪化させる事が実証されています。

九州大学の研究で、ストレス時に分泌されるカテコラミンという神経伝達物質が大腸菌の増殖を促し、病原性を高める事が分かりました。

また、NASAの研究でも、宇宙飛行士の腸内では悪玉菌バクテロイデス菌が増殖していることが分かりました。これは宇宙空間という極度の不安や緊張を強いられたストレスが原因と考えられています。

他にも、阪神淡路大震災前後での被災者の腸内細菌を比較したデータもあります。これも同様に、被災者の悪玉菌は増加していた事が分かっています。

うつ病患者の腸内では善玉菌が少なく、悪玉菌がはびこっているのだそうです。また、腸内細菌そのものが少ないというデータもあります。

最近は、うつ病に投薬治療など副作用のリスクの伴う治療より、腸内環境を正常化させることこそが精神病治療である、という主張をする医師も増えてきています。精神病の薬には、副作用で自殺したくなる、というものもあります。

うつ病になってしまったら、医師の助言に従って薬を飲む事も必要ですが、腸内環境の正常化は自分でも出来ることで、健康のためにも良い事ですよね。

もし今うつ病に悩んでこのサイトを訪れた方がいたら、全力で菌活をオススメしたいです。
腸内環境が精神に大きく影響する事を知って頂きたいです。

腸脳相関:腸内細菌がココロの平穏を守ってくれる

アナタを守る!
この腸と脳の相関関係を「腸脳相関」と呼びますが、腸は精神的なストレスがかかると著しく機能に影響が出る事が分かっています。腹痛や下痢、便秘などはその代表格で、腸はストレスが溜まると働きが悪くなり、悪玉菌が増え、免疫力が低下するなど、腸内環境が悪化してしまいます。

ストレスが体に悪いのは百も承知!腸内環境が悪化すると肌荒れや様々な病気の引き金になる、など体調面でも大ダメージなので何とか避けたい!でも仕事や人間関係のストレスから全て解放されるなんて、どう努力しても無理ですよね?!

そこで、みんなの菌活的には乳酸菌を推したいわけですよ!

上述の通り、食べ物や生活習慣に関わらずとも、腸内環境には精神状態が影響してくるのですが、逆説的に言うと、腸内環境から精神面に働きかけることも出来るのです!ストレスを受けまくっても、乳酸菌を摂取して腸内環境を良好に保つことで、精神的なダメージから腸=体全体を守ってあげられる!というワケですね!

ストレスに対抗するには乳酸菌!

乳酸菌を摂取する事でストレスを改善出来るのか、実際に行われた実験があります。

ある医学部生に、最もストレスが溜まると言われている解剖実習期間中、乳酸菌発酵乳を4週間に渡って摂取して貰ったところ、解剖実習生が例年悩まされる不安や不眠スコアが大幅に改善出来たそうです。
また、乳酸菌発酵乳を摂取する事で、唾液中コルチゾールというストレスホルモンが抑制される事も確認できたそうです。

腸の働きをサポートする事で、精神的にキツイ解剖実験を、例年よりも学生さんが苦しまずに乗り越えられた、という素敵な実験結果なのですね!

あ、厳密に言うと、解剖が精神的にキツイ事は変わらなくても、精神的なダメージから来る肉体への影響を、乳酸菌を摂取して腸内環境を正常化する事で抑えることが出来た、という事ですね!

いずれにせよ、目からウロコ的な乳酸菌の使い方ですね!






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3216-ee9567fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。