愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【完治を目指すイメージ】
【完治を目指すイメージ】

病気、不調を治すには、まず摂取した栄養が各細胞に十分に届く身体にする下準備が必要です。
それが成されてないと、いくら栄養をとっても全身の細胞に行き渡りません。

身体を元気な細胞の集合体にする事が様々な疾患に勝つ為の方法です。
その為にまず1番最初にすべき事は

1.身体に溜まった毒を出す
2.腸内環境を整える
3.血流を良くする

上に書いた事を最初に行い栄養が各細胞に行き渡る為の下準備が、まず必要だという事です。

これらは、食事療法を行い、3か月あれば整います。
厳密にいうと、排毒期→ 栄養吸収期→ 排毒期→ 栄養吸収期・・・と続きますが、最初の排毒期が一番重要です。
この期間は様々な排毒症状(好転反応)が起こります。
この症状が起きた時に不安になり、病状が悪化したと勘違いする人が多いです。

下準備が整えば、次に行う事が細胞にとって有効となります。

1.質の良い食事
2.身体を休める
3.リハビリ運動(金魚運動)
4.身体を温める
5..心を癒す&安心感
6.ストレスを避ける
7.代替治療

これらを行えば
・免疫力が高まり
・自律神経が正常化し
・代謝が高まり
・活性酵素のに負けない身体と精神状態となります

この状態をキープする事で

今までたどってきた
未病→ 発病→ 病状の悪化→ 状態の悪化を逆戻りするかのように

悪い状態→ 少しずつ改善→ 発病前の状態→ 健康
に少しずつ近づいていきます。

未病(病気に向かいつつある状態のこと)の状態と同じくらいの期間をかけて、少しずつ時間が逆戻りしているように改善していきます。

このイメージを持つことで、いま自分がどの段階にいるのかが把握でき、焦らず完治を目指すことができます。

病気になった→ 治す方法を探す→ 試す→ すぐに治らない、病状が悪化したと勘違いする→ 諦める→ また他の方法を探す→ 気力を失う

治らない方は、このパターンにハマってしまうからです。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3226-e2335748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。