愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ステロイド】
【ステロイド】

ステロイドには、炎症を促進するプロスタグランディンと言われるホルモンを作れなくさせる効果があります。

しかし、ステロイドが抑えるのは炎症ホルモンだけでなく、広範囲のホルモンを抑え込んでしまいます。

それが原因で様々な副作用を起こします。

・免疫力低下

・骨が脆くなる

・ムーンフェイスになり、手足は痩せる

・高血糖値

・高血圧

・精神症状

そもそもステロイドは、副腎皮質で自ら作れるホルモンです。

体内で作られる物質は、外からでなく、必要に応じて自力で作れる身体作りが必要なのです。

また、人間の身体は、常にバランスをとろうとしていますので、外から与えられると自らその機能を停止させてしまいます。

こんな恐ろしいことはありません。

病気になり、身体に必要なものが作れなくなっているから、外から足すということは、より不健康な身体に繋がります。

ステロイドを作る副腎皮質は、他の臓器よりもビタミンEやビタミンCを多く持っています。

従って、より多くのステロイドを体内で自力で作る為には、EやCを十分に摂るべきなのです。

本来の治癒とは、元の健康な身体に戻るということです。

しかし、ステロイドだけに限らず、治療によっては、不健康な身体をより悪化させてしまう流れに繋がります。

病気になった時に考えないといけないのは、元気だった自分はなぜ病気になったのか

病気になるということは、それに気づくチャンスです。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3230-19fd04b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。