愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
【人や神に愛される生き方とは?】
【人や神に愛される生き方とは?】

私達の行動の中心には愛が必要であるという事は誰でも認識しているはず。

では愛とは何なのか?

マザーテレサは愛の反対は【無関心】だと言った。

愛の反対が無関心ならば【関心を示す】事こそが愛だと言える。

では、その関心は誰に一番向けるべきなのか?

それは他の誰でもない【自分自身】である。

そして、その愛が満たされ溢れ出した時、その溢れた愛を他人に分け与える事が出来る。

また『自分にとって良い人とはどんな人ですか?』と質問されると何と答えるだろう?

自分にとって良い人とはいつも正しい人でも、立派な人でもない。

自分にとって良い人とは、自分に好意を持ってくれてる人だと言う。

つまり、好意を示す事こそが愛だといるのだ。

その好意は誰に一番示すのか?

それもまた、自分自身である。

自分に関心を示し、好意を示し、愛が成熟して溢れた時、他人にその愛を示す事が出来るのだ。

愛を示す時、一番簡単な事がある。

それはうなずく事だ。

うなずく事は関心を示す事に繋がる。

逆にうなずかない事は関心がない、愛がない事を示す事になる。

うなずく先にあるものが、声を出す事である。

本当に関心があるなら『ヘェ〜、なるほど』など自然と声が出るはず。

さらに、進むと言葉が出る。

『それってこう言う事ですよね』

つまり、理解を示す事である。

人の欲求の50%は認められたい、褒められたいだと言う。

うなずいて、声を出して、理解を示す。

愛が溢れてる人の行動はこうなる。

しかし、自分が好きだと言ってる人でも、他人から愛を奪っている人は、心の底では自信がなく、愛されたいと思っている。

愛を満たすのは他人ではない。

愛が溢れているから他人から愛されるのである。

神様から愛される人になりなさい。

神様に愛されたいなら、神様に愛されるようなことをやりなさい。

人に愛される人になりなさい。

人に愛されたいなら、人に愛されるようなことをやりなさい。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3244-d4c51fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック