愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
失敗は成功のもと。
失敗を恐れて用心を重ねるだけで、何事もすらすら為し得ない人があるが、これは失敗ということの意義を知らないからである。

失敗というものは、失敗してもこれにくさらないで、元気よく失敗で得た体験を活かして、次の新しい道へふみ出そうとする人にとっては、成功への一つの段階に過ぎない。

失敗のない成功はない。失敗というものがあるから、成功ということがあるのである。

失敗を恐れて成功だけを希って、いくら用心したとて、慎重にかまえたところで、何もしないのでは何にもならない。

失敗を失敗にするか、成功の礎にするかはその人の心がけの問題であるが、成功も失敗も為し得ない人は、臆病というより卑屈という可きである。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3253-2a095f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック