愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【バランスに生きることの大切さ】
【バランスに生きることの大切さ】

宇宙は寸分も偏らないバランスの下に運行されているわけですが、

その象徴的姿が物質(陰)と生命(陽)とのバランスです。

勿論地球も例外ではなく、
昼と夜、
運動と休止、
晴れと雨、
益虫と害虫、
善玉菌と悪玉菌など、
相反するもの同士がバランスを取り合っています。


でもこれを知らない人間は、無謀な手段を使ってバランスを崩そうとします。
薬を使って虫を殺す。
雑草を殺す。
悪玉菌を殺す。

陰陽のバランスを崩し、害虫や悪玉菌を繁殖させたのは人間なのに、
それが悪いと殺しにかかるのですから、彼らが暴れるのも無理はありません。

彼らは、「あなた達のやっていることは間違っていますよ!、正しなさい!」と忠告してくれているのです。

どんなものもバランスの樹の一員ですから、
本来害虫や悪玉菌などいるわけがないのです。

人間がバランスを崩すから、バランスを取り戻そうと彼らは反対の行動に出るのです。

病気も同じです。

通常私達の体内では、100兆個の様々な菌が60兆個の細胞とバランスを取り合って生きております。
しかし偏った生活をしてバランスを崩すと、悪玉菌や日和見菌の悪玉化した菌の方が活発化するのです。

でも人間は悪玉菌が悪いと、殺菌する、焼き殺す、切除する、まったく恩を仇で返しています。これでは根本治癒は不可能です。

何事においてもバランスを保つことは、とても大切なことなのです。


私達は食べ物からだけエネルギーを補給していると思ってますが、
水からも空気からも宇宙のエネルギーからも補給しているのです。

ただし補給しても、生命の自覚がなければエネルギーを完全燃焼させることができないのです。

なぜなら、エネルギーは陰(地)・陽(天)のバランスが取れ、始めて完全燃焼するようにできているからです。

殆どの人は陰(物質・地・影)ばかりを意識し、陽(生命・天・光)を意識していません。

だからエネルギーが低下し、病気や事故などの災厄に見舞われるのです。

もし、生命の自覚を持ってエネルギーを完全燃焼させることができたら、
もう災厄に見舞われることは無いでしょう。

かとう はかる著 『人類の夜明 』より(抜粋)





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3286-e5dcb4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。