愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
母なる地球の魂は動植物すべてに流れている
母なる地球の魂は動植物すべてに流れている
 
 
「動物も昆虫もあなたとたいして違いはありません。多くの人間は生き物に対する自分の振る舞いや感情に無頓着すぎます。」
 
 
「マザー・スピリットの魂は、動植物から人間まですべての存在の中に流れています。」
 
 
 
これが、どうぶつについてを語る中での想いです。どんな生き物も森羅万象の自然の攝理の中、神意(あい)溢れた存在として大切なものです。どんな生き物も地球の循環のために必要な存在です。
 
 
例えば蜂、蜂は世界に与えられた神聖なる惠みの一つです。草花の受粉を助け、コツコツ集めた花の蜜や、自分の美しい體から分泌した完璧な癒しの成分を人間に分け与えてくれる存在です。
 
 
蜂は地球の生命循環に非常に重要な役割があります。アメリカだけでも100種類以上の農作物が蜂に受粉を助けられています。蜂たちが毎日せっせと花から花へ飛び回ってくれなければ、わたし達は果物や野菜、木の実やベリー類を口にすることが出來ません。
 
 
地球には二万種類以上の蜂が生息しています。どれも、地球の生態系に欠かせない重要な存在です。蜂がいなければ、複雑に編み上げられた生命の網が綻んでしまいます。その蜂を人類は、どうぶつを犠牲にして作り上げた農藥で絶滅させようとしています。
 
 
ミツバチが大量に消えた原因のネオニコチロイド農藥など、人間の都合により生み出したもので、地球の生態系を壊し、環境を破壊しようとしています。こうした自然の學びを忘れた行爲により、人類は過ちを續けて、それが人間社会にも不幸として反映されています。
 
 
恐怖のネオニコチロイド農藥
http://s.ameblo.jp/mirai-harmony/entry-11954289890.html…

 
 
こうした事實を考えると、常に悲しいものがあります。生命は人間もどうぶつも植物も、更にそれらと繋がる微生物まで等しく等価値です。偉大なる母なる地球の魂は、すべての生命に流れているのです。
 
 
そして、すべての生命には地球の循環と連鎖のための役割があり、調和された世界です。植物には生命の循環を繋ぐ役割があり、どうぶつを食べる行爲とはまったく違います。それは母なる地球からの贈り物だからであり、どうぶつも含めたわたし達の生命の循環のために必要なものなのです。
 
 
イギリスでは「庭を豐かにする」志向がありますが、この行動には深い意味があります。それは母なる地球の生命の営みに密接に關わる行動だからです。これは日本でいう農業とも同じです。
 
 
生命の誕生から成長を経て死に至る循環のサイクル。その現實を経驗することにより命の重みに氣づかされるからです。そして、自分自身も神秘的で神々しい世界と一つであることを實感していくのです。
 
 
その感覺を現代日本人の大半は忘れてしまっています。植物や土との付き合いから、本來は動物も含めた生命の循環と神秘を感じていくのに、それを忘れてしまったから、どうぶつたちへの殘虐で非道な行爲も平氣で出來るようになってしまったのかもしれません。
 
 
アナスタシアという『響き渡るシベリア杉』シリーズでは、日本人が忘れてしまった植物や土との付き合いかたがあります。詳細は省きますが、自然との触れあい方、植物の意味などを知るためには必要な話になります。
 
 
わたしはこうした考えから、どうぶつたちを人間の都合で犠牲にするという考え方には賛同できません。どうぶつたちは人間と対等の關係です。一つだけ違うところがあるならば、人間は自由意思を行使して靈性を高めることが出來ます。
 
 
どうぶつたちは人間の神意(あい)によって靈性を進化させていくことが出來ます。この事實を端的に述べるなら、人類はどうぶつたちを神意(あい)し、護る義務があるということです。だからこそ、どうぶつ實驗、肉食、毛皮などのどうぶつ虐待に異を唱えます。
 
 
わたしたちが本來の生き方である靈性の成長(神意、思いやりを育む生き方)をしていくならば、動植物すべてが慈しみに溢れた存在と感じるようになっていきます。いまの人類のレベルではすべてを理解して實行することは出來なくても、努力して理想を追求していくべきだと思います。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3291-826476b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック