愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
共感力と共振共鳴
人生は出会いです。

それによって人生は決まります。

誰と巡り会うか、そして共振共鳴するのかは人生を左右します。
 
 
わたしも出会いにより、先人たちの想いを繼承したからこそ、いまのような活動を地道にしています。 
 
 
運命とは“命を運ぶ”と書きます。

運ぶ先は自分で決められますので變えられます。

“人生は繼承である”とネイティブの教えにあります。
 
 
その通りだなと感じます。その繼承を、本当に古代から大切にしてきた叡智を、いま絶やしてはならないと思い、それを少しでも傳えるべく記事配信をしています。
 
 
そして、良い影響を与えることに命を使う意味、要するに使命に通ずる道があります。

だから、人は相互に影響を与えあい、貢献していかなければなりません。
 
 
 
『心に響き、相手の人生觀に影響を与える』


 
これが記事を配信する際の心構えであり、そのために情報だけに終始したメルマガではなく、氣づきを与えられるような内容を目指しています。
 
 
わたしは20代前半からそうした活動を地道にブログでしていました。

ずっと繼續してきたからこそ、言えることもあります。
 
 
それは、綺麗事だろうが神意(あい)を大きくしていくこと、与えること、施すこと、それを自分がされた分だけ世の中にしていく循環の先に、平和があるのだという確信です。
 
 
 
『神意(あい)を大きくする、共感を拡大し、人間という枠から生命の枠へ、地球への枠へ、そして宇宙という広大なるものへ拡大していくことに人生の意義がある』
 
 
 
『神意(あい)とは共感力の拡大である。』



自分だけという視点、家族だけという視点、國だけという視点、人類という視点、生命すべての視点、地球というすべての視点、宇宙という神の領域の視点……。


何処に視点を合わせるか、共感を高められるかが靈性の成長の段階になる。


それは各々の靈性のステージを表すものでもあり、結局は神意(あい)というシンプルなものを大きくするだけである。
 
 
 
わたしは自分の活動を当たり前のことをしているだけだと思っています。

尊いとか、偉大とか、ないです。

だって、人に与えること、施すことは宇宙の法則なのですから。

それに従っているだけです。
 
 
みなさん、何処に共感するのかは人それぞれであり、良いも惡いもありません。

それが靈性のステージということであり、學びの段階の位置ということなのです。
   
 
ですが、少しでも自分より大きなものに共振共鳴することにより、視えるものが變わり、人生が良い方向になります。

その共振共鳴できる心を磨く、わたしの記事配信の目的はそのためなのです。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3371-ffc18daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック