愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『受信できる器(自分自身)を大きくしておく』
世の中には色々な情報がある中で、眞に大切な情報はどのくらいあるのでしょうか?


わたしは知識は必要ある部分と必要ない部分があると思っていますが、いまの日本では情報過多になりすぎて、本当に大切な情報が手に入らないと感じます。


人間は100の情報が流れてきても、キャッチできる情報は3~10が關の山であり、すべての情報をキャッチすることは不可能です。
 

その中で、繰り返し繰り返しで情報をキャッチする姿勢で3~10の情報を10~30に理解度を上げていくことも必要ではあるかもしれません。


ですが、それ以上に大切なことは、『受信できる器(自分自身)を大きくしておく』ことです。

それは人間性であったり、許容できる幅だったりします。


そうしたものを広げておくと自然に情報をキャッチできるようになり、10~30の情報を一氣に拾えるようになります。


これは一見難しいことでもあるかもしれませんが、ここのポイントは『固定概念に縛られない』ことです。

自分の作った枠組みを外すだけでいいのです。


人には無限の可能性があります。

それを閉じ込めるのは、誰でもない自分自身です。

その枠組みを外し、幅を増やせば世界觀が變わり、人生を自由に選択できるようになります。












スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3387-adc3ee20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。