愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
『アウトプット能力が欠けている』
世の中の個人的な問題を聞く際に、よく相手に傳わらないという声を聞きます。

傳える人が、きちんとした理解がないと逆に間違って傳わるということがあります。


傳えたいことが傳わらないと嘆く人は、『アウトプット能力が欠けている』のです。


だから“實踐”で理解度を深めた上でアウトプットするという行爲のプロセスが必要になります。


傳えたいことが傳わらない理由は様々ですが、傳わらない最大の原因は『自分自身』にあります。

自分自身が深く理解していない事柄を受け賣りだけで話す人が多くいます。


それを『腑に落としてない』というのです。

腑に落とすには、實踐という行動學以外では、師と決めた、メンターと決めた相手に聞き倒す勢いで『質問しまくる』ことです。


その繰り返しが物事の理解度を深め、人生の視野を広め、アウトプット能力を磨きます。

自分の人間力を磨きたいなら、そうしたことを頭で考えるのではなく、とにかく實踐あるのみです。


この中で一番必要な要素は『質問しまくる』という要素であり、質問できない人間は成長が遅いか成長できません。

これは事實として存在します。



『質問しない=關心力がない』



關心力、行動力を一致させ、生命力を養うという三位一體が人の才能を最大限に引き出します。

その中でも“關心力”がすべての鍵になります。



『關心力の高さが知識の數になり、行動力の高さが生きる力である生命力を高め、やがて知識は叡智に至る』



いま降ってきた言葉ですが、様々なことに關心を持つことは必要な要素です。

神意(あい)の反対が無關心なら、無關心が悲劇を生んでいるからです。

その力を高める道を選んでみませんか?







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3391-a4a12dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック