愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
「廃用性萎縮」
年をとっても ちぢまない まがらない―一日五秒、筋トレで背筋ピシッ! 




60代、70代、 80代と年をとるほど、「背が縮む」「腰が曲がる」理由は筋肉の衰えにあります。




本書は、いつまでも姿勢のいい習慣づくりの本。




簡単に、今日からできる、背筋が伸びる方法について指南します。




使わなければ衰える生命の原理




英語にUSe or Loseという格言があります。




文字通り「使わなければ、衰える」。




これは、生命の本質をいいあらわす言葉です。




生理学用語で「廃用性萎縮」という概念があります。




読んで字のごとく「用いなければ、萎縮する」という意味です。




まさに、英語の警句と同じ真理を、いましめているのです。




生命とは、つねに、環境に順応する存在です。




その環境適応の過程で、必要なものは発達させ、不要なものは、衰退させます。




だから、体の機能でも「使わないもの」を、生命は「不要なもの」と判断するのです。




だから、使わない生理機能は、自然に衰えていきます。




これは、ある意味で、恐ろしい生理システムです。




「動かさない」「使わない」と、体は自動的に不要Iと判断して、衰退させ、消滅させていくのです。




この本でとりあげる筋肉などは、その典型です。




もしも、あなたが入院経験があるなら、その”恐ろしさ”の一端を体感したはずです。




病院のベッドで寝たきりのままでいると、みるみる「筋力」が衰えていきます。




手足があれよ、あれよ、というまもないほど、細く、鳥ガラのようになっていきます。




その筋肉の衰えぶりは、恐ろしいほどです。







あのビートたけしさんが、かつてバイクの転倒事故で重傷を負い、長らく入院していたことがあります。




その闘病記を読むと、ベッドから降りて数十歩も歩けなくなった……と、その体力の衰えに驚愕しているくだりがあります。




10日入院で10年分老ける




筋肉低下がはなはだしいのが老人の入院です。




ある専門医によると、70才をすぎて入院すると、一日一年の割合で老化が進むそうです。




だから、10日、ベッドで寝たきりだと80才、20日だと90才の体力になってしまうのです。




これも、筋肉を使わないことによる「廃用性萎縮」の恐怖です。




筋肉の衰えの恐ろしい側面は、あらゆる生理機能をも、衰えさせてしまうことです。




人間も動物の一種です。




「動物」とは、文字通り「動く」「物」です。




動いていることで、生命活動を営んでいるのです。




「寝たきり」の病人や老人は、それは、もはや「動く」「物」ではありません。




「動かない物」としての存在です。




自然の摂理に反した存在なのです。




すると、恐ろしいことが起こってきます。




生命の根本原理「廃用性萎縮」の法則が、全身のあらゆる生理機能に働き始めるのです。




手足の筋肉の衰えは、その始まりにすぎません。




次に、「骨力」がみるみる衰えていきます。




それに並行して、胃や腸の消化機能、心臓などの循環機能、肺などの呼吸機能、肝臓腎臓などの解毒排毒機能も衰えていきます。




わたしの尊敬するヨガの沖正弘導師は、こう喝破しています。




「運動不足は、緩慢なる自殺である」




まさに、至言というべきです。

さらに、沖先生はこう諭しています。




「指一本でも動かせるなら、全身全霊で動かせ。




すると、全身の筋肉、機能がそれに連動して、動き始める」。




「廃用性萎縮」の原理に対抗するには、「有用性発達」しかありません。




全霊を込めて動かす機能は、まさに「有用性」そのものです。




すると全身機能が「萎縮」から「発達」にシフトし、活性化してくるのです。




すべての悩みは筋トレが改善




高齢化による要介護老人の激増は、まさに国家的問題となっています。




厚労省も「健康づくりのための身体活動指針」(アクティブガイド)を作成・公表するなどロコモ予防に躍起になっています。




その最大のボイントは、ズバリ「筋カアップ」なのです。




その四大メリットは、

①バランスの改善、

②骨粗しょう症などの予防、

③膝痛の予防・改善、

④腰痛の予防・改善……です。




ここでいう「バランスの改善」とは「猫背・腰曲がりなどの改善」という意味です。




「加齢による筋肉や骨量の減少を防ぐ!」とさまざまなサプリメントCMが盛んです。




そんな広告を見ると、栄養補助で筋肉・骨量の増加がはかれそうに思えます。




ですが……。




アメリカで高齢者(70~79才)2066人を対象にした研究では、日本人のたんばく摂取量に近いグループでも、筋肉量は減少しています。




つまり、高齢者は食生活で、たんばく質を多くとっても、筋肉量は減っていくのです。




だから、サプリメントをとるだけでは、まったくダメです。




では、高齢者の筋肉量を増やす方法は、ないのでしょうか?それが、日々の筋トレなのです。




「筋肉の衰えを、年齢のせいにするのは、まちがいである」これが、運動生理学が到達した結論です。




その第一の原因は、加齢ではありません。




年をとるとともに運動しなくなるからです。




筋肉を使わなくなるからです。




つまり、高齢者の筋肉の衰えの最大原因は、加齢ではなく、怠惰です。




「怠ければ、衰える」「廃用性萎縮」の原則を思い出してください。




最近の研究では、「筋肉は年をとっても成長し続ける」ことが証明されています




90才、100才を超えても、筋肉は鍛えることは可能です。




たとえば世界のボデイビル大会を見ると、世間でいう高齢者が、鍛え上げられた見事な筋肉美を誇らしげに披露しています。




それは、100才を超えても可能です。




つまり、筋肉は何才になっても、鍛えられるのです。




「筋力」が付けば、「骨力」も付く。

それも、証明されています。




そして、「骨力」が付けば骨密度が上がる。




骨粗しょう症が防げる。




すると、高齢者のみの「背の縮み」「膝痛」「腰痛」「猫背」「腰曲がり」まで、すべてが防げるのです。




還暦すぎたら本気で筋トレ




なるほど、20才と100才をくらべれば、筋肉や骨格を作る生理機能は、若いひとが優れているのはとうぜんです。




なら、なおさら高齢になるほど筋トレは必要です。




本書のキャッチフレーズは還暦すぎたら本気で筋トレ!ーです。




わたしは現在66才ですが、カコブから始める静的筋トレは、毎日欠かしません。




(写J)を見れば、とても60代後半には、見えないはずです。




よく、若い頃の運動自慢をする高齢者がいます。




「学生時代は、ボート部でならしたもんだ」とか「柔道x段で、全国大会で優勝したヨ」なんて自慢話は、通用しません。




昔は昔、今は今……。




あなたの若さを保つのは現在の筋肉量です。

筋肉量が増えるほど、骨量が増えます。




骨量が増えるほど膝痛、腰痛も消えていきます。




患者が激増している「背柱管狭窄症」ですら専門家は「筋トレで完治する」と断言します。




不足しているのは筋トレと知識です。




筋肉量の衰えは、即、生命力の衰えなのです。


筋肉量の強化は、即、生命力の強化なのです。




知らないことは罪である。

知ろうとしないことはさらに深い罪である。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3434-554aa94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック