愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
将来何が起こるか心配して、いつもビクビクして生きていますか?

恐れのない人生を生きるため思いきって飛び出そう

過去の辛いできごとを今でも引きずっていませんか? 

将来何が起こるか心配して、いつもビクビクして生きていますか? 


もしあなたが恐れのない人生を生きたいと願うなら、人生では何ごとも起こり得るということを受け入れ、よきにつけ悪しきにつけ、すべてのことから学ぼうと決心しなければなりません。

過去に支配され続けるか、未来に向かってはばたくか、それを決めるのはあなた自身なのです。

もしあなたが過去に負わされた傷をすべて忘れて自由に生きることを夢みているのなら、今こそもう一度やり直し、リスクを負い、自分の中にある恐れと戦い、過ちから学ぶとき。

恐れのない人生を生きるため、一歩踏み出すときです。

非常にたくさんの人たちが、やってみたいと夢みていることを実行に移すことを恐れて生きています。

その結果、不安とフラストレーションとが溜まっていくばかり。

まるで巨大な岩を両肩に背負っているため、一歩も前に進めないような状態です。


過去のネガティブな体験を乗り越える

忘れてしまいたい思い出を持たない人がどこにいるでしょう? 

悲しいことに、中には私たちの心にあまりに大きな傷を残したため、どうしても忘れることができない体験があります。

それは私たちが引きずって生きていかねばならない重荷となります。

これは起こったことを私たちが乗り越えられないときに起こります。

過去にしばりつけられてしまうのです。

この辛い体験を思い出させる状況に出会うたび、逃避反応が起こります。

そんな過去からどうやったら自由になれるのでしょう? 

現在を過去に影響されることなく前に進んでいくには、いったいどうしたらよいのでしょうか。

起こったことを受け入れる。
おそらく他の多くの人たちが同じことを体験し、それを乗り越えていったはず。
状況がどんなに深刻であろうと変わりはありません。
それがあなたにも起こったと認めるなら、あなたはすでに大きな1歩を踏み出したことになります。

あなたを傷つけたことから学ぶ。
どんなネガティブな状況にも、何かポジティブなものが見つかります。
そこから前に進み始めましょう。

ものごとはいつも同じ結果となるとはかぎらないことを覚えておく。
たとえばパートナーに浮気されたため、同じことが起こるのではないかという恐れから新しい関係を築けないとします。
そんな恐れに邪魔されてはなりません。
ものごとはいつも同じ結果をもたらすとはかぎらないのです。

前を見る。
過去は過去に置き去りにしましょう。
もし過去が頭をもたげようとしても、無視することです。
あなたは過去を受け入れ、そこから学び、進んで新しい体験を生きようとしているのですから。


これからの人生にはたくさんのポジティブな体験とともに、ネガティブな体験もあることでしょう。

そのどちらもが、あなたを強い人間と変えていくのです。


恐れることなく未知の世界と向き合う

私たちの中の最大の恐れのいくつかは、過去からではなく、予測のできない未来からやってきます。

もしこう言ったら、もしこうしたら、もしこんな決心をしたら、何が起こるだろう……と、先のことを考えることをやめられない人たちがいます。

こういった疑問すべてがあなたを閉じ込め、望んでいるものを手にいれるために必要なリスクを冒すのを阻止しようとします。

たとえばあなたが自分のビジネスを始めたいと願っているとします。

すべては順調のように思えます。

あなたはただ最初の1歩を踏み出すだけでよいのです。

あなたは何を待っているのでしょうか?

もしうまくいかなかったら? 

自分にはこの仕事をやり遂げるだけの力があるんだろうか? 

もし会社をつぶしてしまったら? 

「もし〜だとしたら」という不安が湧いてくれば、すべては瓦解してしまうでしょう。

このすべてがあなたの夢の実現を妨げています。

ものごとはうまくいくかもしれないし、いかないかもしれません。

でも、ただそこにたたずんでいるだけなら、何が起こるかあなたが知ることはないでしょう。


自分自身を信じる

私たちの恐れのほとんどは、自尊心が欠けていることから生じます。

自尊心が低いほど、恐れが強くなります。

だからこそ、自分自身を信頼することが非常に大切なのです。

すべてがうまくいくわけではありませんが、大切なことは思いきってやってみることです。

疑いやネガティブな考えは、私たちが自分自身を試す手段にすぎません。

新しいことを始める前に恐れを感じるのは当然のことです。

また、以前体験したことを恐れることもよくあります。

でも、私たちは転んでは起き上がり、つまずいても歩きつづけることを忘れてはなりません。

もしだれかを愛しているならば、過去に傷ついて人を信じることをやめてしまったからというだけで、幸せになるチャンスを逃してはなりません。

新しいプロジェクトを始めてみませんか? 

過去に大失敗したからといって、もう1度トライできないわけではありません。

もしかしたら今回はすべてうまくいくかもしれません。

もしうまくいかなければ、またトライすればいいのです。

恐れは自然な感情です。

ですから、もし何かをしようと思い、それについて恐れを感じているなら、とにかくやってみることです。

苦悩と恐れに人生を邪魔されてはなりません。

過去はすべて過去に置き去りにし、恐れることなく生き始めるかどうかは、あなた次第です。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3458-261a19b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック