愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
智恵と知識の違い
【智恵と知識の違い】

古事記を学ぶと古事記に学ぶの違い。

古事記を学ぶとは、神様の名前や知名、物の名前、出来事など、ほぼほぼ暗記する事である。


中には本当は『出雲はここにあった』とか『アマテラスはどこからやって来た』とか…


【知識】を蓄える事である。


話題の【話】の字が【千の口】と書く様に話題も豊富。


しかし、古事記に学ぶとは神々がどんな思いでこの国を作って来たのか?

そして、未来の私達にどんな願いが込められているのか?

そこに【思いと願い】が込められている。

その為には、物語を読み解く必要がある。

穢れとは何なのか?

清らかとは何なのか?

穢れについて一晩中語り明せる。

そこに【智恵】が付く。


この語るという字は【五に口】と書く。

物事の本質を見抜けず、会話が右に左に触れる人がいる。

確かに話題が豊富で『ヘェ〜、ヘェ〜』とはなるが、表面的な話は、その時だけで終わってしまう。

しかし、ひとつのことで語り合うとどんどん深まり、そこに人生を左右する様なキーワードが生まれる。

その本質を見抜いてこそ、人生は豊かになる。


古事記を単なる知識として読むのか?

それとも物語の裏にある本質を読み解き、智恵とするのか?

私が伝えたいのは【智恵】を豊かにすることである。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3482-75eed28a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。