愛と感謝、思いやりと健康が一番!
癌、膠原病、慢性疾患、精神疾患、をまったく害のない方法で癒して、人生に夢と希望をもっていただきたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨盤底及び腹部血流促進磁気療法
骨盤底磁気療法

特徴
直流磁気療法は機能低下した臓器や炎症痛、筋肉痛、をピンポイント磁気刺激します。
パルス磁場は、自然治癒力を促し、骨折の治癒速度を早めます。
また、細胞内の酸素を増加させる。細胞の代謝とミネラルの交換を促進します。

磁気調整法の好転反応は?
磁気刺激の強さは人体に害がなく、また不快感がない程度に調整されています。
しかし、まれには軽い頭痛を訴える人がいます。

★骨盤底磁気療法(骨盤底及び腹部血流促進磁気療法)
膀胱頸部の硬化による膀胱への負担が長期に渡ると磁力線で骨盤底筋や神経を刺激します。
磁気刺激は、骨盤底筋から陰部神経を介して、脊髄中枢を介して膀胱に影響を与えます。
磁気刺激は、陰部神経や骨盤神経を刺激し膀胱や前立腺の平滑筋をリラックスさせます。
尿失禁は膀胱出口が硬く開いたままになっているので、膀胱出口に柔軟さを取り戻せば改善します。
ご婦人であれば膀胱三角部、男性であれば前立腺~膀胱頚部に磁力線→渦電流の効果が得られます。
間質性膀胱炎や慢性前立腺炎で疲弊した膀胱や前立腺を、磁気電気刺激によって疲労回復やマッサージ効果が得られます。

尿道、前立腺、膀胱、膣、子宮、肛門は線維筋性組織で覆われています。
骨盤底を磁気刺激すると骨盤内部に血液が行き渡り骨盤内部及び腹部臓器の代謝を促すことが可能になります。
骨盤内部及び腹部臓器の代謝活性により、"身体の中で一番冷えている臓器"が温まり正常に機能するようになり、
骨盤底筋及び腹部臓器が柔軟になると、膀胱細胞組織の代謝が促され、膀胱容量の増大と括約筋の柔軟さで、
尿漏れや夜間排尿による睡眠のトラブルなどを予防することが期待されます。

骨盤底及び骨盤内部を磁気療法で血流を促しと腸を温めると幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ分泌されて幸せオーラ全開!
がん、アレルギー、うつ病などの予防にも!

女性の方は
"身体の中で一番冷えている場所、血流の悪い場所、早急に温めなければならない場所"が骨盤底及び骨盤内腹部臓器です。

骨盤底及び骨盤内血行障害、膀胱頚部硬化症、過活動膀胱、間質性膀胱炎、慢性前立腺炎、前立腺肥大、排尿障害 、頻尿、尿漏れ、痔、便秘、冷え性、生理不順、生理痛、不妊症、慢性疲労、内臓機能低下、精力減退、精力増強、勃起力増強、内分泌促進、






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://rasta92.blog.fc2.com/tb.php/3492-24b2b132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。